fc2ブログ

燃料ゲージセンサー2

 ブログ友うんつくさんから以下の確かなデータをいただきました。
 燃料ゲージの抵抗値です。

 1、PA95 ・ E~F : 0~200Ω

 2、PA96 ・ F 位置: 17Ω( 許容誤差±2.1Ω )
      ・中間位置: 45Ω( 許容誤差±4.5Ω )
       ・ E 位置:120Ω( 許容誤差±6.5Ω )

 PA90 は PA95 と同等と考えられます。

 又、燃料メータ側で感度鈍感設計(バイメタル式)がなされているようですが、
 ここで燃料ゲージの抵抗値幅と、燃料メータのバイメタル変化幅を対応させて
 いるようです。

 クーペは、丸目から角目に変わる時に、インパネも丸から角へと、全く違う
 タイプに変わっています。
 燃料ゲージの抵抗値の変化は、燃料メータの変更に伴うものと考えられるので、
 PA90、PA95、PA96 で区分せず、丸目と角目で分けるのが正解のようだ。


燃料ゲージ-1

 PPA90(丸目)の燃料メータに、PA96(角目)用燃料ゲージを使ってみる。
 メータに合わせるのは、振れ幅(抵抗値範囲)と振れ位置(針のシフト)を
 調整することになる。

 ・振れ幅(抵抗値範囲)
  下の写真のように、フロート軸の当り爪を外側へ曲げることで、抵抗値幅を
  広げるようにした。 
  F側は大きく曲げて、0Ωまで調整できたが、E側はニクロム線を巻いてある
  樹脂板の頂きから外れてしまうので、現状から僅かしか広げられなかった。

    結果は、 25~132 Ω → 0~135 Ω
    となり、F側は 0Ωまで下げることができたが、E側は僅かです。   

 ・振れ位置(針のシフト)
  フロート軸を曲げて調整しようと思ったが、抵抗値幅を広げたことで、
  メータのE側が、E目盛よりわずかに下がったので、このままで行くことにした。


燃料ゲージ-2



 燃料をタンク下から抜いてしまい、改めて燃料を少しずつ入れ、
 メータの針位置を確認した。

燃料ゲージ-4-1

 燃料 「 空 」
 
 これで、最悪の
 状態から
 脱出!



燃料ゲージ-4-2

 燃料 「 10L 」



燃料ゲージ-4-3

 燃料 「 20L 」



燃料ゲージ-4-4

 燃料 「満タン」
 気分は良くない
 が
 我慢、ガマン!






 燃料ゲージの取り付けに、十字穴のナベ小ネジが使われていたが、ホーシングが
 邪魔になり作業性が悪かったので、SUS製六角穴付きボルトに換えてみた。


燃料ゲージ-3

 作業を終えて
 抵抗を造っているニクロム線を巻き直すことも考えたが、抵抗を上げるためには
 線径を小さく(径の二乗で効く)する必要があり、PA96のニクロム線でも相当
 細かったので、難しいと感じた。
 又、巻き付け後、ブラシが当るところの被服を剥ぐ必要があるらしく、難しい
 ことが判り、早々に諦めた次第。


スポンサーサイト



プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード