FC2ブログ

HMのホーン・スイッチ

 
  
 オールドタイマー119号の記事を引用させていただきます。

OT119a.jpg

 ベレットのステアリングの変遷を書き留めておきます。 (手前から)
 
  1、~1967年までの前期型 スプライン径 φ16mm
    センターにホーンボタンを配置した、ナルディタイプ

  2、1968年~の後期型 スプライン径 φ14.5mm
    ホーンスイッチがステアリングアームに移動
    センターキャップは、通称「ブタ鼻」 
  
  3、後期型の GTR & GT はロック機構と衝撃緩衝装置が付加。 

 初期型はアルミのラッピングなのか?美しい!
 アルミ製なら、「ナルディタイプ」ではなく本物の「ナルディ」ではないでしょうか?
 

 この流れで 117Coupe(ハンドメイド)のステアリングについて、
 特にホーン・スイッチの変化について注目してみました。
 
 たまたま手元にある3つのホーン・スイッチを観てみると、
 少しずつ違いがありました。

HM-HSB-1.jpg

 


 1、シルバーの二本線が入ります。<1967~1969年>?

HM-HSB-2.jpg




 2、樹脂一体成型で、シルバーの着色もありません。<1970~1971年>?

HM-HSB-3.jpg




 3、見た目は、2番目と同じ。<1971~1972年>?
   スイッチが手前へ出過ぎないようにストッパーが付く。

HM-HSB-4.jpg




 シルバーの二本線はアルミ製で、ホーン・スイッチに接着されていた。
 これが付くだけで、質感が上がります。 

HM-HSB-5.jpg




 この変遷をご存じの方がおられましたら、ご教授願います。
 変化の順番や時期が定かではありません。

HM-HSB-6.jpg




スポンサーサイト



プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード