FC2ブログ

E88のメンテナンス



  車検から1年経って、エンジンの補器まわりのメンテナンスをしてみた。
  エンジン周りからカラカラ音がしているので、それが治まったらしめたもの。

E88-3-11.jpg


  ダートで出っ張っていた石にアンダーカバーをぶつけて割ってしまった。
  とりあえずボンドで補修してみる。

E88-3-21.jpg


  大事なところはトルクスねじが使われている。
  幌の開閉機構でもトルクスねじが使われていた。
  これはタワーバーの取り付けねじ

E88-3-31.jpg



  なんぞの時のために工具を準備した。

  中下 : ヘックスローブソケット(トルクスの雌) E型-14、E型-18
   右  : オルタネータのプーリ抜き専用工具
  左上 : 7mmのヘックスレンチ(BMWではブレーキなど、たまに必要になる)

IMG_20200801_174721.jpg




  エアーフィルターはかなり汚れていたので交換する。
  純正部品は高価なので、サードパティの部品をネットで購入。

E88-3-41.jpg


E88-3-43.jpg


E88-3-45.jpg



  点火プラグの外し方を確認しながら、プラグの摩耗状態を確認する。

E88-3-51.jpg

  焼け具合は問題なく、摩耗は??わかりません。

E88-3-55.jpg



  エンジンの補器を駆動しているベルトのテンショナーを交換する。
  ネットで情報収集をしたら、カラカラ音の原因がこのテンショナーにある
  という記事が多くあったので交換することにした。
  こちらもネット通販で購入

E88-3-62.jpg

  結果は×。
  カラカラ音は変わらず出ている。

E88-3-68.jpg




  次にオルタネータのプーリを外してみる。

E88-3-71.jpg

  プーリにCRCを吹き付けたら、中のベアリングからサビが出てきた。
  交換すべきところだが、プーリを購入していなかったので、プーリを外し、
  入念にCRCで洗浄し、オイル&グリスを吹き付け再利用した。

  結果は◎
  カラカラ音が止まった。
  またすぐ音が出るかもしれないので、部品を買っておこう。

E88-3-75.jpg




  オルタの下にあるエアコンのコンプレッサのプーリも疑っていたので、
  このプーリも外すことにした。

E88-3-81.jpg

  ところが、プーリを外すためのトルクスねじ穴を舐めてしまい万事休す。
  カラカラ音が治まっているので放置することにする。

E88-3-85.jpg




  バッテリーは相当弱っていると思われるのでスペアを買ってあるが、
  秋まで様子をみてゆくことにする。

E88-3-92.jpg



スポンサーサイト



プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード