FC2ブログ

PA90のブレーキホース

 
 PA90のブレーキ・リザーバータンクとそのホースを交換した。
 (前出のカタカタ625さんから指摘していただいていた懸案事項でもある)

 量産丸目以降は、リザーバータンクとマスターシリンダーが一体化しており、ホース
 は存在しないので、HMのみの事象になります。


 前オーナーが、オリジナル品が手に入らなくて仕方なく処置をされていたと思われる
 タンクとホースですが、ホースの材質に問題がありました。


ブレーキ-01


 上の写真、「↑特設」という所にリザ-バー・タンクを移設されているものです。
 ブラケットは手作り、ブラケットの取り付けにはボディに穴を明けていました。



 下の写真、「水滴→」のところが問題のホースで、燃料や潤滑油用の耐油ホースでした。
 そしてこの水滴の正体は?、ブレーキフルードがホース内から滲み出てきたものらしい。

 エンジンの熱で滲み出たブレーキフルードが蒸発し、エンジン内が錆びやすい環境にな
 るみたいです。(恐怖!)
 エンジン内やボンネット裏を水等で洗浄しなくてはいけないぐらい重症!
 
 マスターシリンダの錆が凄かったので、応急処置で「錆封じ」を塗っていましたが、原
 因が判って良かったです。 
 又、マスターシリンダ下のブレーキパイプがタイヤハウスへ出ている所の穴周りが錆び
 て腐っている状態。
 ここを何とか修復したいのですが、大掛かりになりそうです。

 
ブレーキ-02


 ブレーキフルード(ブレーキオイル、ブレーキ液)の勉強をしてみました。

 A 「オイル」と「フルード」の違いは?
   オイル=潤滑油、フルード=作動油 と使い分けをしている。

 B ブレーキフルードに求められる特性
   ・粘度が低く流動性が良い。
   ・非圧縮性であること(圧力変化による体積変化がない)。
   ・-50℃でも凍らず、200℃でも沸騰(引火)しない。
 
 C ブレーキフルードは、どうして錆やすくするのか?
   Bの特性を得るために、グリコール系のフルードが使われており、これは水溶性
   で吸湿性が高く、塗装を浸食するため。

 工業用油圧作動油は鉱物油が一般に使われますが、引火点の高い(200℃以上)鉱物
 油を作るのは難しいのでしょうね。

   





ブレーキ-03


 ブレーキホースを探していたら、カタカタ625さんから天の声!
 「いすゞ エルフのブレーキホースを半分に切ればピッタリ!」

 早速、いすゞ姫路へ注文 
 加えて、ホースバンドも金属製はご法度らしく、樹脂製を注文。

   ◇ オイル・タンク・ホース : 1-47469045-0 (¥945)
   ◇ フューエルホース・クリップ : 9-09715098-0 (¥190)


ブレーキ-04







ブレーキ-05


 次にリザーバー・タンクですが、レストアベース車のを使おうと考えたが、樹脂の硬化
 が著しく、取り外し時に割れそうな状態だったので諦めました。

 そんな時、神戸のH口さんから天の声! デッドストックを譲ってくださいました。
 「持つべきは同志!」を改めて痛感したしだい。
 
   ◇ オイル・タンク : 9-47530095-0 (製廃)


ブレーキ-06






 意外なことに、タンクのゴム製蓋がオリジナルとは違っていました。
 右はレストアベース車のタンク蓋。
 上面中央に「12波いすゞ」のロゴが入っています。


ブレーキ-07


 





ブレーキ-08



 取り付けは、フルードを溢さないように注意して、作業はすんなり終わりました。
 シリンダ側の自在継手が固くて緩まなかったため、ホースの取り廻しが厳しくなりま
 したが、とりあえずこのままでいきます。



ブレーキ-09


 やはりオリジナルはスッキリしています。

 次は、マスターシリンダとマスターバックとその周辺のボディの信頼性を上げて、
 防錆処理もしたいのですが、いつになるやら・・・?


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

マスタシリンダのタンクは自分のも硬化というか、一部色が変色していて交換したいところですが、手に入りません。新品があってよかったですね。うらやましいです。ブレーキホースの部分は勉強になりました。ありがとうございます。キャップの波いすずは自分のにも付いています。うれしく思いました。

No title

keiji117さん、ご無沙汰しております。
同志のネットワークって大事ですねぇ。
部品の調達もさることながら、車の世界の常識なんてチンプンカンプンですから。
またアドバイスをお願いします。

HMの仕上げは進んでいますか?
 

No title

綺麗に出来ましたね!
リザーブタンクの新品が有って良かったですね。
私はこのタンクを3年探してやっと手に入れました。
マスターシリンダーの錆びは真鍮の細いワイヤブラシで擦っておいた方が良いと思います。

No title

Gやんさん
 収まりよくなりましたね。古いクルマは部品を入手するのが本当に大変そうですね。私のはPA96の最終型なのでまだある物も多いのでしょうが、クルマ自体があんまり希少価値もない所からあんまりオリジナルにはこだわっていません。そういう点では気楽です。これからも頑張って下さいませ。

No title

カタカタ625さん
燃料タンクを替えられたようですが、同士のネットワークってありがたいことですね。
車にも愛着が湧いてきますし。
マスターシリンダーの錆び落としもさることながら、そのリペアキットもメーカーから出なくなったようです。
長期戦で準備しなくてはなりませんね。

No title

四方山果無さん
オリジナルに拘るのは、自己満足以外の何物でもないですね。
時間と金がかかりますし、私のようなにわか仕立てには的確なアドバイサーが必要です。
その筆頭が四方山果無さんという訳です。
しかし、拘りもほどほどにしないと変人扱いされてしまいます。えっ、もう手遅れですって?


No title

>拘りもほどほどにしないと変人扱いされてしまいます。
はは、もう十分に変人ですっ!

No title

>もう十分に変人ですっ!
 はっ?誰かに呼ばれた様な・・・??ん?

No title

欠食児童さん
すでに変人は呼ばれてないですよ!

お久しぶりです m(__)m
エルフのホースですか!
僕のベレはオートバイのホースですが曲がりがイマイチ??
次はエルフを使ってみようかな?
あちなみに長さは足りるかな?

サンタさん、どうもです。
なるほど!オートバイのホースだと切り売りしてもらえるのでしょうか?
だったらその方が良いかもです。
エルフのは、長さに余裕はありませんがどうにか足ります。
べレットも同じ構造ですか?
 

No title

オリジナルに拘るGやんさんへのアドバイスです。
完成後の写真を見て気が付きましたが、アクセルワイヤーはリザーブタンクの股の間を通してマスターシリンダー先端のスプリングに挟むのが正規です。
ご参考までに。

No title

カタカタ625さん、アドバイスありがとうございます。
リザーブタンクの股にはリブが下まで入っており、間を通すことはできませんでした。
ただ、その下のホースとホースの間を通すことは可能でして、アクセルワイヤーの保護になると思いましたが、間を通すのは後々面倒なことにならないか?と考え、外を通すことにしました。
オリジナル度減点1ですかねぇ?

トラックバック

http://117greenlife.blog9.fc2.com/tb.php/136-ca925979

プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード